FC2ブログ
ストラスブールを後に、ブルゴーニュ地方の中心地、コートドールへ向かう。
コートドール(黄金の丘)といわれるように、なだらかな丘陵地帯が一面、黄金を敷き詰めた
ように紅葉した葡萄の葉で覆われている。この景色が見たかったのだ。
今夜はボーヌ郊外にあるプティ・ホテル、ビィラ・ルイーズに泊まることになっている。
何年か前に雑誌で見て、是非来てみたいと思っていたホテルだ。
ワイナリーを経営されているオーナーがご自宅の一部ホテルとして開放されている。
白い壁とグレイの屋根、広いお庭が「あーフランスだ。」と嬉しくなるくらい洒落ていて
憎くなるくらいだ。このお庭でブルゴーニュのワインをいただくのが夢だったのだ。
フランスの乾いた冷んやりした空気の中で、この景色に囲まれて冷えたブルゴーニュの
白。「やったー」という感じ。

 お料理は野兎のジブロットだの鹿のデジョン風だの、鶉のリビネ風味だの、まったく
お手上げで申し訳なかったが、ウフ・ムレット( ポーチドエッグの赤ワイン煮)と
ポロネギのキッシュぐらいはおいしくいただけた。
ロマネ・コンティを出してくださった時はさすがに感動した。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://noriyouwa2.blog36.fc2.com/tb.php/296-dcee170b