FC2ブログ
この日記も私の会話と同じで脱線に次ぐ、脱線でどんどんずれていき、いっこうに進まない。
今どこだっけ、そうストラスブール。
ここでいただくのはアルザスのリースリングと郷土料理はシュークルート、いわいるドイツの
ザワークラフトのことだ。日本でいただくザワークラフトはおいしいんだけど、どうも酸味が
きついのと、香辛料のかげんか、ソーセージ自体も日本のもののほうが食べなれているせいか、うーーん。ほかにはベックオフといわれる豚肉や牛肉をワインで煮込んだ煮込み料理
をいただく。リースリングがおいしい。そしてやっぱり出た、フォアグラである。
私はフォアグラもダメなのだ。鴨がダメだからその延長だけれども、何年か前にロアール地方のフォアグラ農家を訪れた時にフォアグラの造り方を教えていただいた。
鴨を強制肥育して脂肪肝にするとのことだった。それ以来、フォアグラを目の前にすると
おなかがいっぱいなのに無理やり食べさせられる鴨の気持ちが思われて(急に思いやりの
ある人間に変身するのだが、)とても食べる気にはならないのだ。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://noriyouwa2.blog36.fc2.com/tb.php/294-3678f7bf