上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.29 PRINZ
IMG_7913.jpg

高原町にあるカフェです。
お洒落なメゾンといった感じです。
お散歩の途中に入ってみました。

IMG_7909.jpg

いくつかのお部屋があって、今日通してもらったのはギャラリー風のお部屋。
大きな写真が飾ってあって、ソファ席です。

IMG_7910.jpg
IMG_7911.jpg

アップルパイとコーヒーでティータイムです。
たまにはこんなカフェでゆっくり本を読むのもいいものです。

IMG_7912.jpg

今度はお庭の見える席がいいなあ。
スポンサーサイト
2009.11.28 枝魯枝魯
IMG_8182.jpg
IMG_8185.jpg

今夜は一年振りに横浜のK子さんご夫婦とお食事です。
再会もお料理もとっても楽しみにしていました。
ここも予約がとれないお店なのですが、K子さんが
一ヶ月前に予約してくださったとか・・・
ありがとうございます。

前菜はあんきもとあんこうのから揚げの舞茸としめじのムース仕立て。
海老芋、牡蠣の味噌和え、などなど。

IMG_8187_2.jpg

ブリの包みあげみぞれ汁。
おいしいです。

IMG_8188.jpg

メインは鴨ロース、白子の天麩羅を紅芋、九条ねぎのペーストを添えて
中華風のパンではさんでいただきます。

IMG_8190_2.jpg

お口直しは大根のシャーベットを巻いた千枚漬け。
蟹身のカニ味噌和え。
おいしー

IMG_8192.jpg

金目ごはんです。
一口目はそのままいただいて、あとは白だしの
お茶漬けで。
おいしいかった。

IMG_8193.jpg

デザートは酒粕とかりんとうのアイスクリーム、
抹茶の蒸し菓子、柿のプリン。

一品一品、創意と工夫の作品で、京都の創作和食ここにありといった感じです。
よくこれだけ凝ったお料理を考えられるなあと脱帽でした。
すっごく勉強になりました。
お話も楽しくって、ほんとにいい夜を過ごさせていただきました。
お料理も仲のいいご夫婦にもご馳走さまでした。
いつもありがとうございます。

綺麗な紅葉を見て、美味しいお料理をいただいて、
楽しい時を過ごして、いい秋を過ごしております。
2009.11.24 永観堂
IMG_8163.jpg


シーズン中はすごい人なので、近所に住んでいる特権を利用して
朝一で行けば人が少なくて、ゆっくり見ることができるかも・・
などと甘いことを考えていました。
開門(9時)前なのに長蛇の列でした。

IMG_8127_2.jpg

IMG_8130.jpg
IMG_8135.jpg

皆さんがお庭の紅葉にみとれている間に、私はとっとと本堂へ・・・
本堂から見る紅葉が美しいことを知っているからです。
(大正解)
まだ人影がまばらな本堂からゆっくり鑑賞できました。

IMG_8136.jpg
IMG_8138.jpg

そしてお庭へ

IMG_8143_2.jpg
IMG_8148.jpg

昔はお庭は無料だったのに・・・・
でも有料になったお陰で、何だか有り難味が増したような・・・

IMG_8155.jpg
IMG_8162_2.jpg

もう少し遅い時期に来てもよかったかなあ。
散り際の妖しいまでの艶やかさ・・・
脊髄で感じるような官能的な美しさまであと少し・・・・
IMG_8100.jpg

さて嵯峨野ウォークに出発。
昔ながらの風景です。

IMG_8097.jpg

こちらは寂庵、瀬戸内寂聴さんのお住まいです。
この日は法話があるとかで、大勢の方がみえていました。

IMG_8101.jpg

化野の念仏寺です。
紅葉がきれいでした。

IMG_8105.jpg

そして、やっと祗王寺。

IMG_8108.jpg
IMG_8112.jpg

昼間はほんとうに美しい自然の中ですが、夜はきっと真っ暗。
祗王、祗女はこんな侘びたところで暮らしていたんですね。
どんな気持ちだったのかしら・・・

IMG_8115.jpg
IMG_8116.jpg

二尊院、落柿舎をへて・・・

IMG_8120.jpg

渡月橋へ。
「小倉山、嵯峨のあたりの秋のころ、峰の紅葉か松風か訪ぬる人の琴の音か・・・」
だったか・・・そんな感じです。
平家物語の小督の局、思い出せない・・・・
(今度、ちゃんと読んでみよう。)

IMG_8122.jpg
IMG_8124.jpg

そして締めは私らしく嵐山の鼓月で一服。
季節のセットは栗まんじゅうとサブレ。
抹茶パフェはおいしかったです。
秋の嵯峨野を満喫しました。
2009.11.21 大覚寺
IMG_8080.jpg

「最近、いつメールしても遊び歩いている。」と友人からのクレームが
入っている私ですが、紅葉と桜の頃は平安時代からのDNAが騒ぎまして、
じっとしてられないのです。
この日は嵯峨野の大覚寺にやってきました。

IMG_8083.jpg

嵯峨天皇が一時住まわれたというお寺はお庭も広々としています。

IMG_8085.jpg

華道、嵯峨御流の発祥の地でもあります。

IMG_8094.jpg
IMG_8090.jpg

お庭も平安時代からこんな感じなのでしょうか?
御所車がぴったり。

IMG_8092.jpg

大沢の池です。
ここに船を浮かべて観月の宴が行われたそうです。
平安セレブは都の四季の美しさを楽しんでいたんですね。


IMG_8058.jpg

ずっと来たいと思っていました。
モダンで明るくてとっても気に入りました。
しかし、ここは見る者の知性と感性が試されるというか・・・・
ちょっと自信のない私はイマイチよく分からなかったですが・・・

IMG_8064.jpg

プールも水の中から見るとこんな感じ・・・

IMG_8065.jpg

閲覧室の椅子もお洒落。

IMG_8067.jpg

よく分からなかったですが、楽しかったです。

IMG_8069.jpg

久しぶりの金沢でしたが、知らない町に来たみたいに
新しくなってて、いろいろ発見があって楽しかったです。

いたるところに、連れてきていただいたお店や、招待していただいたお店、
忘年会をしたお店があって、いろいろ思い出しました。
この町には幸せな思い出がいっぱいあります。
わずかな間でしたが、金沢で暮らせてほんとに良かった、
この町と関われて良かった・・・
この町の皆さんにはとってもよくしていただきました。
改めて感謝です。

今回はおなかがいっぱいで食べられなかったものもいっぱい。
回転寿司に、近江町コロッケに、百万石うどんに、蟹に甘エビに
源助大根に、加賀蓮根に・・・・
無念・・・・・
また来なくっちゃ。


2009.11.16 金沢へ(2)
IMG_8038.jpg
IMG_8039.jpg

近江町市場で海鮮丼をいただいて、やっと落ち着いて、
武家屋敷街へやってきました。
静かで落ち着いたいい町です。
金沢時代にはよくお散歩しました。

IMG_8041.jpg
IMG_8045.jpg

久谷焼きミュージアムです。
器となると、目の色が変わるのが自分でもわかります。

IMG_8053.jpg

輪島塗りのギャラリーもしっかりチェック。
ため息がでるほど美しい・・・・

IMG_8055.jpg

そしてやっと21世紀ミュージアムにたどり着きました。
2009.11.14 金沢へ(1)
IMG_8017.jpg

5年ぶりでしょうか、金沢へ来るのは。
駅もすっかりきれいになっていました。

IMG_8018.jpg

まずは近江町市場へ。
タクシーの運転手さんによると、ここもリニューアルしたとか・・

IMG_8022.jpg
IMG_8033.jpg
IMG_8032.jpg

この日は蟹の解禁日。
市場じゅう蟹だらけでした。おいしそー
お野菜はハリがあって艶やかで、おいしいよーと訴えています。

IMG_8024.jpg

さてランチは夢にまで見たひら井の特選海鮮丼。
これが食べたかったのです・・・・

IMG_8025.jpg

うに、いくら、うなぎ、牡蠣、鮑、はまち、大トロ、甘えびなどなど。
なんと金粉が・・・
一切れいただくごとに、もだえるほどおいしい
あー幸せだワーーーー
十分来たかいがありました。
2009.11.11 高安
IMG_7906.jpg

ラーメンのおいしい季節になってきました。
今日は一乗寺の高安へ。
3時を過ぎているのに、列ができています。
30分待ちでした。

IMG_7907.jpg

かねておいしいと聞いていた高安のラーメンです。
おいしい!
麺の湯がき加減がばっちり。
スープはひつこくなく、ほどよく麺にからんで・・・
ちょっと感激。今まで食べていたラーメンは何だったのだろう?と
思うくらい、麺もスープもスタッフの対応もいうことなし。
マイ・ラーメンランキングのベスト3に入ります。(今のところ。)
おいしいものは人を幸せにするってほんとうだワ。
並んだかいがありました。
今年の冬もラーメンの食べ歩きに励もうと思いました。
2009.11.09 奈良へ(3)
IMG_7977.jpg

正倉院へたどり着いたのは閉門3分前でした。
それでもちゃんと見ることができました。
ここにあの素晴らしい宝物が千年以上も眠っていると思うと
ちょっと感動的でした。

IMG_7980.jpg

そして最後は阿修羅像が公開されている興福寺へ。

IMG_7981.jpg

待つこと一時間。
日も暮れてきました。

仮金堂の中に安置されている阿修羅像は柔らかな明かりにつつまれて、
金色に輝く釈迦像を背景に、凛々しく優美で独特のオーラを放っていました。

東京の博物館での様子を見たとき、こんなに人が多いなら
見に行くことはないなあと思っていただけに、今回、拝見することができたのは
何か呼んでいただいたような不思議な気がしました。
ほんとうに拝見することができてよかった・・・・・
素晴らしかったです。

IMG_7990.jpg

帰り道では中谷堂のつきたての草もちをいただきました。
ほかほかで美味しかった・・・
「これはきっと、寒い中長いこと待った私達への阿修羅様からのご褒美だわ。」
などと相変わらず、勝手な解釈をして、大満足で帰ったのでした。
充実の一日でした。

2009.11.08 奈良へ(2)
IMG_7941.jpg

ならまちをうろうろして、今西書院へ。

IMG_7947.jpg
IMG_7948.jpg
IMG_7945.jpg

室町時代の建物だそうです。
お庭がきれいでした。

IMG_7950.jpg

秋の浮見堂も素敵でした。

IMG_7961.jpg

やっと東大寺到着。

IMG_7969.jpg

雲ひとつない空に大仏殿が映えます。

IMG_7972.jpg

大仏様にお目にかかるのも何年ぶりでしょうか・・・
いつもいつも多くの人々に囲まれておられます。

IMG_7973.jpg
IMG_7974.jpg

大仏様の後ろに控えている多聞天と広目天。
この迫力と躍動感、日本のミケランジェロは凄い。
2009.11.06 奈良へ(1)
IMG_7922.jpg
IMG_7960.jpg
IMG_7975.jpg

十年ぶりくらいに奈良へやってきました。
広々とした奈良公園は紅葉が始まっていて、とてもきれいです。
ちゃんと鹿さんもお出迎えしてくれました。

IMG_7918.jpg
IMG_7917.jpg

まずは国立博物館でやっている正倉院展へ。
今回、同行してくださったTさんは毎年、行かれているとか・・・
私から見れば、正倉院展のプロ。
お陰でじっくり見ることができました。

紫檀木画の琵琶、平螺鈿背円鏡、金銀花盤など、
細工の精密さ、デザインの斬新さ、色の美しさ・・・・
こういうものが千年以上たっても美しいまま残されていることの不思議さ、などなど
でるのはため息ばかり。
素晴らしい芸術品をしっかり見てきました。
日本人ってほんとにすごいんだ・・・と思いました。


IMG_7926.jpg

ならまちを散策して、カフェ由庵でランチです。

IMG_7929.jpg
IMG_7933.jpg

カフェで大和野菜たっぷりのランチをいただきました。
(やっと私らしくなってきた。)
野菜の味がしっかりしていて、おいしかったです。

IMG_7934.jpg

デザートは抹茶ケーキとチーズケーキと柿です。
陶器のカップやお皿がお店の雰囲気とぴったりで
和みます。
さて、奈良観光はこれからです。





IMG_7873.jpg
 
平目の昆布締めと洋梨、銀杏、サツマイモの銀杏あげ、海老の前菜です。
昆布籠に入れてみました。ちょっと秋がテーマです。
最近の洋梨はとろけるようにおいしいです。
平目との相性もよかったです。

IMG_7876.jpg

蓮根饅頭の明太子椀です。
蓮根まんじゅうの中には鯛、銀杏、百合根が入っています。
秋を閉じ込めた感じ。好評でした。

IMG_7878.jpg

秋鮭、ほうれん草、しめじのパイです。
簡単で、ボリュームたっぷり。
鮭に含まれるアスタキサンチンはビタミンEの500倍の
抗酸化作用があるとか。
ほうれん草は鉄分が豊富。しめじはビタミン、ミネラル、植物繊維が豊富です。

IMG_7881.jpg

焼きしめじごはんです。
きのこは免疫力を高めて、抗ガン効果も高いとか。


おうちで作って、おいしかったとか、ご家族が喜んでくださったとか、
メールをいただくと、すごく嬉しいです。
皆さんからパワーをいただいています。
ありがとうございます。


IMG_7838.jpg

秋が深まってきましたね。
楽しくお過ごしでしょうか?

早いもので今年もあと2ヶ月となりましたね。
年末のパーティシーズンにあわせて、11月は
簡単に作れるパーティメニューをご用意しました。

■霜月のご案内( 6000円 )
 
① 蟹のパイカップ
② 鮪のタルタル、チコリボード
③ 海老とクリームチーズのブリーニ
④ カリフォルニアロール
⑤ ココナッツプリン

他、数品

■レッスン日
11月23日(月)11時
11月29日(日)11時、17時

お教室は京都お市左京区北白川にあります。
京阪出町柳駅よりバス5分
烏丸今出川よりバス10分
四条河原町よりバス20分
北白川下車( 徒歩1分 )
お申し込みいただいた方には詳しい地図を送らせていただきます。
お申し込みはホームページ La table de zen 京都教室

リンクのラ・ターブル・ド・ゼンをクリックしてください。
http://www.latabledezen.com/private/


IMG_7882.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。