上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1981.jpg

おばんざいが食べたくなるとここへ来ます。
IMG_1980.jpg

麩屋町六角にある菜の花です。
IMG_1975.jpg

ほっこりするお店です。
昔の京都の民家はこんな感じでした。
IMG_1974.jpg

カウンターもあります。
IMG_1976.jpg

おばんざいランチ。
今日は切り干し大根、お豆腐、胡瓜とはるさめの酢の物、鯵の干物
香の物、インゲンです。
IMG_1977.jpg

梅ちりめんごはんと赤だし。
IMG_1978.jpg

天麩羅はかぼちゃ、じゃがいも、ししとう、なすでした。
IMG_1979.jpg

ゆずのシャーベット。
満足感が高いのはやはり丁寧に作ってあるのと、品数、
お店の方の対応、
そしてこれで1080円という価格。
初めてだったアミーゴは感激しておりました。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
スポンサーサイト
IMG_1971.jpg

宇治にやってきました。
IMG_1969.jpg

源氏物語ミュージアムは宇治橋の近くにあります。
IMG_1962.jpg

平安朝を思わせる雅な建物です。
IMG_1963.jpg

アプローチに八橋風のブリッジを用いるところもにくい。
御簾もあって、いつのまにか源氏物語の世界に入ってきた感じがします。
IMG_1964.jpg

常設展のほかに瀬戸内寂聴さんの特別展もありました。
ホリヒロシのお人形による「浮舟」の上映も。
前回は浮舟の心境が理解できなかったのですが、
今回は少しわかるような気がします。
(成長したかも・・・)
IMG_1968.jpg

映画のあとは館内のカフェ花散里でテータイム。
黒と紫はまさしく源氏物語のテーマカラーだと思います。
黒の和、紫の高貴さ。それをうまく使ってあります。

IMG_1967.jpg

抹茶プリンパフェです。おいしい!
さすが茶所宇治だけあって、抹茶クリームが濃厚です。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1940.jpg

錦の近くにある町家のフレンチのお店です。
IMG_1929.jpg

エントランスには坪庭が。
IMG_1930.jpg

町家の雰囲気が活かされています。
IMG_1931.jpg

こういうコーディネイトがぴったりです。
IMG_1933.jpg

生ハムのサラダ。
バルサミコがしっかり煮詰めてある感じのドレッシング。
IMG_1934.jpg

赤パプリカの冷たいスープ。
もう少し、角がとれてもいい感じ。
IMG_1937.jpg

真鯛のポアレ。白ワインベースのソースのお味もなかなかです。
お店の雰囲気もいいし、盛り付けもお味もまずまず。
あとはWHですね・・・・
おいしいだけでは・・・・・
IMG_1913.jpg

帰国したnattyちゃんにさつまいものお酢をいただきました。
ソウルでも今、飲むお酢が流行っているのだとか。
IMG_1921.jpg

まずはロックで。甘くて飲みやすいです。酸味もきつくない。
IMG_1920.jpg

次にワインで割ってみました。
なかなかオツなお味です。
IMG_1919.jpg

そしてシャンパンで割ってみました。   おいしい!!
名前つけなくちゃ。
さつまいものお酢だから、丸中スペシャル。ダサイなあ。
スウィートポテトロワイヤル。 垢抜けないなあ。
うーーん、ソウルのお土産だからシンガポールスリングに対抗して
ソウルスリング。これにしよう!
甘くて、ほのかに酸味のあるカクテルです。
IMG_1886.jpg

東京に来ると必ずチェックするのがここです。
交通会館の中にあります。
IMG_1885.jpg

全国の地酒が置いてあります。
毎回、試飲させていただいています。
今回の試飲は宮城の琵琶のさざ波、福井の膳膳、以津美、木桶の・・・
その他いっぱいいただいてしまいました。
IMG_1906.jpg

少し酩酊状態で購入したのはお気に入りの純越後、純米酒なのに
軽くて、すっきりですがしっかりこくはあって人気のお酒だそうです。
それと琵琶のさざ波、これも風味がよくて飲みやすいです。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1902.jpg

今日は東京のZENのお教室の先生とスタッフのみなさんと
南インド料理の夕べです。
IMG_1890.jpg

何やらエキゾチィックなインテリア。
IMG_1892.jpg

メニューを見ても意味不明なものが多い。
どんなものが出てくるか楽しみです。
IMG_1893.jpg

まずはナスとヨーグルトのサラダ。ヨーグルトに塩が効いていて
これがインド風なのか・・・
IMG_1894.jpg

チーズグルチェ。インド風ピザ。
もちもちの生地にたっぷりのニンニク、チーズもたっぷりで
これは作ってみたい。
IMG_1895.jpg

カレーセット。
いいかげんな記憶によると、海老カレー、まながつおのカレー、
ナス、豆、チキン、もっといろいろあったと思いますが出てこない。
それぞれスパイスが違っておいしい!
IMG_1896.jpg

ナンの変形バージョン?
IMG_1897.jpg

インド風クレープ。
盛り付けがインドっぽい。
IMG_1898.jpg

マンゴーのアイスクリーム。
IMG_1899.jpg

ココナッツのプリン。
IMG_1900.jpg

チャイ。
いっぱいいただきました。
珍しくって、いちいち何?何?とやってしまいました。
食の探求って楽しい!

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
2006.06.12 一乗寺 中谷
IMG_1861.jpg

白川通りから詩仙堂に行く途中にあるカフェ、一乗寺中谷です。
昔はお菓子やさん?茶店?みたいな感じで
目立たなかったと思うのですが、今は人気の和カフェになっています。
IMG_1857.jpg

むかしながらの和のしつらえです。
IMG_1858.jpg

ぜいたくなお重というのをたのんでみました。
和菓子と洋菓子の両方がいただけるということです。
IMG_1860.jpg

洋菓子はアイスクリームと黒砂糖を使った焼き菓子?(推測)
ラズベリーといちごのトッピングです。
IMG_1859.jpg

和菓子のほうは白玉、あずきと柑橘系の寒天が添えてありました。
いずれもきれいで可愛いデコレーションです。
こういう出し方も参考になります。
となりのグループのお姉さん方はおいしそうなパフェを
召し上がっていました。「しあわせー」という声聞こえてきました。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室

2006.06.11 詩仙堂
IMG_1862.jpg

本日のお散歩はここ、JR東海のCMにも登場する詩仙堂です。
IMG_1863.jpg

このあたりからもう別世界です。
IMG_1865.jpg

この時期はさつきの咲くお庭が美しいのです。
いつもは連休明けくらいに咲くのですが、今年は遅いそうです。
IMG_1874.jpg

菖蒲もまだ咲いていました。
IMG_1875.jpg

お庭を眺めながらボーっとしています。
(いつもですが・・・)
IMG_1844.jpg

堺町に最近オープンしたカフェ?和久傳に行きました。
IMG_1833.jpg

IMG_1834.jpg

町屋を改装した店内は広々として、落ち着いた空間です。
IMG_1838.jpg

甘夏のゼリー。
夏らしいお菓子です。

IMG_1842.jpg

れんこんの葛きりです。
土佐酢、黒蜜、山葵でいただきます。
さっぱりとして、涼やかな味わいです。

IMG_1839.jpg


ほうじ茶の器もお洒落です。
彩り、食材、器の演出に初夏を感じます。
さすが。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1832.jpg

俵屋さんがされているという天麩羅やさんです。
IMG_1831.jpg

アプローチから雰囲気があるのはさすが俵屋さんです。
IMG_1829.jpg

IMG_1819.jpg

こじんまりとして落ち着く店内です。
木と土壁が落ち着くのは自然に近いからでしょうか?
IMG_1817.jpg

長いもとろろです。いいお味です。器も素敵。
IMG_1818.jpg

ゆばこんにゃく。シコシコとしっかりした歯ごたえです。
わさび醤油でいただきます。
IMG_1820.jpg

蛸の柔らか煮。ほんとに柔らかい。
盛り付けが繊細です。こういうところが京料理だと思います。
IMG_1822.jpg

天麩羅の盛り合わせ。
IMG_1827.jpg

デザートはグレープフルーツのゼリーです。
さっぱりして美味しかったです。

お店の方の対応も丁寧で京都を満喫できた感じです。
(観光客みたい。)
やっぱり京都はいいなあ。
2006.06.02 丸の内ランチ
IMG_1795.jpg

東京丸の内です。
IMG_1796.jpg

丸ビルの洋食屋さんで丸の内ランチしています。
IMG_1797.jpg

OLの皆さんが召し上がっていた本日のランチ。
IMG_1798.jpg

デザートはチーズケーキです。
IMG_1792.jpg

そして食後は宮本君がプロデュースしたというカフェへ。
IMG_1800.jpg

IMG_1801.jpg

それにしても宮本君はどうしてあんなにもカッコイイのでしょう?
IMG_1804.jpg

ここで日本戦を観戦できたら楽しいだろうなあ。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。