上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.28 風に吹かれて
IMG_1770.jpg

ここのお豆腐は各地でおいしいと聞きます。
プラッツで見つけたので買ってみました。
でも、普段からおいしいお豆腐はいただいてるんですけど
と思いながら・・・
まずはお味見。おいしい!!!!
こくがあって、口あたりがよくて、これは噂どうりでした。

IMG_1772.jpg

ちょいとオードブル仕立てにしてみました。
手前からわさびと穂紫蘇、お豆腐のおいしさが引き立ちます。
次はしょうがと刻み海苔、これも夏らしい捨てがたいお味。
最後はオリーブオイルとピンク胡椒、思ったとうりおいしい!
お醤油を少し垂らすと幅が広がるというか。
このあと梅かつお、ちりめんじゃこなど試してみましたが
いずれもおいしい。
お豆腐自体のお味がしっかりしているので、どんなものと合わせても
包み込んでしまうというか、包容力のあるお豆腐です。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
スポンサーサイト
2006.05.26 Club HARIE 彦根
IMG_1726.jpg

長浜からの帰途、彦根で途中下車しました。
彦根城です。
IMG_1737.jpg

クラブ・ハリエのティールームはお堀端にあります。
IMG_1736.jpg

和菓子で有名なたねやさんの洋菓子部門で、滋賀県内にカフェを
併設したお店を何軒か展開しておられます。
IMG_1735.jpg

隣は和菓子のお店です。
IMG_1734.jpg

広々としたカントリー調の店内が好きで、彦根に来ると必ず立ち寄ります。
IMG_1729.jpg

ケーキセットはこの中から二種類のケーキが選べます。
IMG_1732.jpg

食べるのがもったいないです。
でも、おいしい!
IMG_1733.jpg

クッキーもサービスしてくださいます。
のんびりできます。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室


IMG_1716.jpg

京都からJRで約一時間の滋賀県長浜市にある黒壁ガラス館へ
やってきました。
IMG_1718.jpg

黒壁ガラスで町起こしに成功したと聞いていたのですが、
納得です。
ガラスのお店が数件あり、資料館や博物館が併設されており、
特産品も数々開発されていて、お土産物屋さんやカフェなど
古い町並みを利用して結構みどころのある観光スポットに
なっています。
IMG_1719.jpg

IMG_1720.jpg

ガラスもヨーロッパのアンテーク、アールデコから現代作家のものまで
数多くそろっていて、お手ごろで買いやすいものもおいてあります。
IMG_1721.jpg

北陸や小樽のガラスショップにもいったことがありますが、
ここは湖北で歴史のある町の持ち味を活かしていていいなあと
思いました。
IMG_1722.jpg

特産品もいろいろあって楽しいです。
あとは食かなあ。近江の食材、近江牛、八日市こんにゃく、永源寺豆腐
もろこ、あゆ、伊吹山の山菜などを使ったお洒落なお食事処があったらなあ。
功名が辻にちなんで「千代の膳」というのがありましたが、
ネーミングも歴史上の人物を使って「太閤弁当」とか「ねねのお昼膳」
とか、それを食べると出世するとか伝説をつくったりしてなあんて、
いろいろ勝手に想像して楽しんでしまいました。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1686.jpg

図書館でチーズの本を読んでいると、どうしても実際にテイストして
みたくなりました。
早速チーズセットを買ってきました。
IMG_1687.jpg

ついでにワインとの相性も試してみました。
(1)フロマージュ・ド・モー(フランス)
   クリーミーで濃厚、赤ワインがあいます。
(2)ショーム(フランス)
   コクがあってやっぱり赤です。
(3)タレッジオ(イタリア)
   さっぱりとして食べやすく白が合うと思います。
(4)ラクレット(スイス)
   後からぐっと野性的な香りがします。赤ですね。
   これはジャガイモに乗せて溶かしていただくとおいしいと
   あります。
(5)オッソラティ(フランス)
   さっぱり系です。白ワインです。
(6)ブルーデコース(フランス)
   酸味が強くブルーチーズ独特の風味があります。

コクのあるチーズは赤が合うようです。さっぱりしたものは白。
ただしこれはあくまで私の個人的な好みです。
   

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
2006.05.15 無念
いつものようにフラフラ都大路を歩いていると、葵橋あたりに
人だかりが・・
今日は何の日?  あーーー!!!葵祭りでした。
すっかり忘れてました。
フォーチュネートリーにも出町で行列と遭遇しました。
しかし、アンフォチュネートリーにも今日に限ってカメラ不携帯。
あーこんなに近くで見物できたのに、カメラに収めることが
できないなんて・・・・
はっと気が付くと周りは外国の方ばかり。
となりのフランス人カップルは「セ・マニフィック!」とバシバシ
写真をとっておられます。
うーーん。残念でした。
IMG_1617.jpg

写真は禊の儀のときのもの。パレードを撮りたかったなあ。
IMG_1680.jpg

寺町にあるスマートコーヒーは古くからあるコーヒーショップです。
今日はここでランチをすることに。

二階がビストロ?になっているとは知りませんでした。
レトロな店内です。
お客様もシニア、ミドル世代の紳士淑女が中心でした。
もちろんお若い方々も。
IMG_1677.jpg

すごいボリュームでした。
しっかりいただきました。
IMG_1678.jpg

久しぶりに濃いめのコーヒーをいただきました。
昭和の昔に戻ったようです。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1647.jpg

ずーっと来たいと思っていた河井寛次郎記念館にやって来ました。
IMG_1640.jpg

日常を芸術の域にまで高めた陶芸家です。
彼の作品はどっしりとして温かく存在感と品があります。
IMG_1644.jpg

エントランスにある囲炉裏。
IMG_1635.jpg

民芸調のお部屋です。
IMG_1639.jpg

登り窯。ここで数々の作品が作られたのですね。
IMG_1641.jpg

どの椅子もユニークで微笑ましく座りやすいです。
のどかで落ち着きます。


京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
2006.05.04 上賀茂神社
IMG_1611.jpg

絶好の行楽日よりです。いつのまにか神社めぐりが趣味に
なってしまったアミーゴと私は今日は上賀茂神社にやってきました。
IMG_1625.jpg

新緑が美しい。
IMG_1613.jpg

葵祭りで有名な神社です。
IMG_1615.jpg

偶然にも葵祭りの斎王代の禊が行われていました。
IMG_1614.jpg

斎王代はいつも良家のお嬢様と決まっています。
アミーゴはあの格好がしたかったといいます。
IMG_1619.jpg

記念撮影です。
ちょっと豪華。
一緒に写りたいというアミーゴをひっぱって神殿へ。
IMG_1629.jpg

参拝を終えて上賀茂の街を歩きます。
このあたりはすぐきで有名です。
神職を司る社家の方々のお住まいです。
歴史を感じるたたずまいです。

2006.05.01 魚小路
IMG_1579.jpg

ご縁があって、東神奈川の魚小路さんへ行かせていただきました。
IMG_1582.jpg

日本橋、新宿、横浜の高島屋さんで北海道のお魚を卸しておられます。
IMG_1581.jpg

こちらのお店ではカウンターもあってお料理の他に
お寿司もいただけます。
IMG_1583.jpg

今日はオープン前の二階へ通していただきました。
素敵な花器です。
IMG_1584.jpg

ライティングもお洒落。いずれも京都で買い求めらてたそうです。
お店の雰囲気にぴったり合います。
IMG_1591.jpg

お料理はもちろんお魚中心。お造りも新鮮です。
盛り付けが綺麗でおいしいせいでしょうか、お酒がすすみます。

IMG_1596.jpg

お寿司もお洒落。北海道の食材がふんだんに使われています。
IMG_1597.jpg

デザートは抹茶のアイスクリーム。
心のこもったおもてなしをしていただいて時間がたつのを
忘れてしまいました。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。