FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1564.jpg

府立図書館です。
京料理の本がいっぱいあるのでよく来ます。
IMG_1562.jpg

近くにあるオ・タン・ペルデュ。
「失われた時」という意味でしょうか?
IMG_1552.jpg

フレンチレストラン、ベルクールがプロデュースしているだけあって
小粋なパリのカフェスタイルです。

美貌?と語学力を買われて、この近くの高級旅館で通訳の
アルバイトをしてきたという友人とティータイム。
おもてなしの心を学んだそうです。

IMG_1557.jpg

チョコレートとバナナのタルト。
ミントのハーブティ。
IMG_1558.jpg

プラムの焼き菓子。
IMG_1555.jpg

テイクアウトもケーキだけでなく、テリーヌやパテ、
コンフュィチュールなど充実しています。
IMG_1553.jpg

次は何を食べようかなあ。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
2006.04.23 本日の教訓
IMG_1532.jpg

デパートの全国味めぐりで、辻口博啓氏のトークショーがありました。
ミーハーなので見学させていただきました。
「和をもって世界を制す。」とおしゃってました。
きっとそんな日が来ると思います。
世界一の長寿国の食が世界を制する日が・・・

IMG_1541.jpg

モンサンクレールのケーキも自由が丘ロールのロールケーキも
売り切れだったため焼き菓子を購入しました。
焼き菓子はどこも大差はないなどと思っていましたが
違う! やっぱりおいしい。
ケーキを食べてみたいなあ。
IMG_1536.jpg

売り場のとなりでワインフェスタもやってました。
ここから進めず試飲開始。しかし途中から舌が麻痺。
IMG_1542.jpg

結局、ブルターニュの白、パリ、ボルドー、マコンのコンクールで金賞
だったというシャトー・ド・ラ・グラヴィエール、
コート・ド・ローヌの赤にしました。
本日の教訓「試飲し過ぎると区別がつかなくなる。おいしいと思った
瞬間に決めること。」でも欲がでるのです。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1514.jpg

素敵なフレンチのお店を教えていただきました。
ファサードは南仏風。温かさが伝わってきます。
IMG_1516.jpg

お花も素敵。
IMG_1521.jpg

ずわい蟹のフラン。
おいしい!
IMG_1522.jpg

子牛とアプリコットのテリーヌ。
IMG_1524.jpg

えんどう豆のポタージュ。
IMG_1525.jpg

平目と海老のファルシ。
IMG_1526.jpg

ディセールは苺のジュレ、フロマージュのアイスクリーム、
フルーツのショートケーキ。
アイスクリームが濃厚でおいしいです。
なかなかいいお味を出されるシェフです。
IMG_1527.jpg

デミタスのカップもお洒落。
IMG_1519.jpg

何よりお店の方の対応が温かでくつろげました。
アットホームで素敵な夜でした。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1496_2.jpg

以前から気になっていた浜作二階にあるカフェへ行ってみました。
IMG_1485_2.jpg

坪庭を眺めながら二階へ上がります。
IMG_1494_2.jpg

ウエイティングゾーンです。
IMG_1486_2.jpg

和モダンの落ちついたインテリア。
夜はバーになるようです。
BGMはお能の謡が流れています。
それがぴったり合うなんて・・・
IMG_1493_2.jpg

窓側の席も素敵。
IMG_1489.jpg

アイスクリームのエクスプレッソかけ。
IMG_1488_2.jpg

比叡ゆばの三種。
ゆばがスウィーツになるなんて発見でした。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
東山七条をん十年ぶりにお散歩しました。
IMG_1449_2.jpg

うぞうすいで有名なわらじやさんは変わらぬたたずまいです。
IMG_1450.jpg

和菓子の甘春堂さんは改装されたようです。
IMG_1452_2.jpg

国立博物館です。
IMG_1466_2.jpg

通称「女坂」の上にある女子大。
IMG_1468.jpg

いつの間にか白亜の記念館ができてました。
IMG_1463_2.jpg

何より驚いたのは女子大行きのバスができたこと。
昔はなかったです。
IMG_1464_2.jpg

なんとプリンセスライン。
私「これに乗れてたらプリンセスになれたかも。」
友人「なかったなあ、昔は。」
と残念がる二人でした。


京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室

2006.04.13 Kilala 新風館
IMG_1438.jpg

久しぶりにダイニングバーへ。
IMG_1439.jpg

IMG_1444.jpg

大人のお客様が多い落ち着いた雰囲気です。
「メニューを見る目がお仕事モードになってます。」と
元同僚の鋭いご指摘。
IMG_1440.jpg

揚げナスとくみ上げ湯葉。
IMG_1441.jpg

アボガドとネキトロの豆腐カナッペ。
胡麻油のドレッシングです。
IMG_1445.jpg

揚げ餅のタラコソース。
IMG_1443.jpg

ネギトロとクリームチーズの手巻き寿司。
食材の取り合わせが新鮮で楽しいです。
カロリーが低くておししい。
まだまだ試してみたいメニューがいっぱいでした。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1433.jpg

中華街をあとに旧居留地にある神戸大丸へ。
IMG_1432.jpg

いつもはここでお茶するのですが、雨なので今日はパス。
IMG_1430.jpg

地下で食材探し。何やら人だかりしているコーナーが。
近づくとパン屋さんでした。
IMG_1431.jpg

アンチョビのクロワッサン、クリームチーズのフランスパン、
小豆のパンなどなどめずらしパンの数々。
私の六感によると絶対においしい。
IMG_1437.jpg

抹茶のスコーン、小豆ときなこのパン、あとはカンパーニュ?
おいしい!!

IMG_1429.jpg

それもそのはず、このお店はフレンチで有名な北野ホテルのプロデュース、
イグレックプリュスでした。次回が楽しみ。
IMG_1435.jpg

歩き疲れて駅前の上島コーヒーでお茶。
IMG_1436.jpg

ワッフル抹茶アイスクリーム添え。
ワッフルがふんわりしていて美味しい。
限界まで食べた神戸でした。

86%E6%95%99%E5%AE%A4" target="_blank">京都料理教室京都でのおもてなし和食料理教室
この雨の中、食材を求めて友人と神戸へ行きました。
IMG_1414.jpg

まずは生田神社にお参りしました。
「おいしいものにめぐり会えますように。」
IMG_1415.jpg

そして腹ごしらえをしに中華街へ。
IMG_1428.jpg

スタンドで売られている点心もおいしそう・・・
IMG_1425.jpg

点心のお店でランチをすることに。
IMG_1418.jpg

片っ端から食べたい。
IMG_1422.jpg

庶民的なお店なのに、英語、日本語、中国語が飛び交います。
やっぱり神戸はインターナショナルや。

IMG_1420.jpg

コラーゲンたっぷりのふかひれのラーメン。
IMG_1421.jpg

ビタミンたっぷりの五目汁そば。
IMG_1424.jpg

上海小ロンポウ。ジュウシーでとっても美味しかったです。
つづく。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
2006.04.08 お香三種
どういう訳か今月は三人の方に別々に三種のお香をいただきました。
不思議。
IMG_1412.jpg

桜のお香です。ほのかに桜の香りがします。
今月のお香です。
IMG_1408.jpg

マイ・フェボリット堀川です。
甘く、官能的な香りだと思います。
IMG_1409.jpg

そして最近いただいたのはこれ、松栄堂の京五彩。
IMG_1410.jpg

二条、堀川、元禄、室町、天平の五つのお香のセットです。
二条はどこか爽やか、元禄は渋い香り、室町はフワッと華やか、
天平はクラッとくるような優美な香り。
いろいろ試せて楽しいです。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1392_2.jpg

哲学の道です。やっぱり桜が合います。
IMG_1391_2.jpg

IMG_1395.jpg

IMG_1396_2.jpg

毎日お散歩しています。
ずっと咲いてて欲しいなあ。
いえ、短い期間だからいいのでしょう。
IMG_1397.jpg

岡崎です。
昨日タクシーの運転手さんに教えていただいたのですが、
船を使った観光が人気だそうです。
桜は水の上から上を見るのがきれいなのだそうです。
IMG_1398.jpg

いつか乗ってみたいです。

IMG_1352.jpg

お昼は料亭で作っていただいたお花見弁当。
都の春です。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
2006.04.04 やっと・・・
IMG_1336.jpg

筍と松茸の専門店?とり市さんです。
ここに筍が並ぶと「春が来た!」と感じます。
料亭の板前さんがここの筍はものによっては下湯がきを
しなくても食べられるものもあるとおしゃってました。
「筍はとり市さんです。」と。
IMG_1337.jpg

京都産の筍は赤土で粘土質の中で育つので美味しいと
聞いたことがあります。
IMG_1338.jpg

朝堀り筍はちょっと引いてしまうお値段ですが、
おいしさが断然違います。
筍は堀出してから料理するまでの時間が短ければ短いほど
えぐみがなくおいしいといわれます。
そういう意味でも京都産筍を京都でいただけるのは幸せです。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
IMG_1201.jpg

マールブロンシュのケーキをいただきました。
うーん。京都人は知っている。
この時期、どこの何がおいしいかを・・・・
IMG_1349.jpg

京都文化博物館です。
京の食文化展を見にきました。
IMG_1341.jpg

京料理のルーツ、茶懐石、本膳料理、精進料理、和菓子、お酒、
豆腐、お茶などの発達と進化の歴史を見ることができました。
感想、京料理組合?は頑張ってるなあと思いました。
IMG_1340.jpg

エントランスには紫式部様が・・・
IMG_1342.jpg

館内にあるショップ。
IMG_1345.jpg

紙屋さんがありました。
IMG_1344.jpg

IMG_1343.jpg

日本の紙の種類の多さ、色彩の美しさに何だか
嬉しくなってしまいました。
ここも通うことになりそうです。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。