上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.24 永観堂
IMG_8163.jpg


シーズン中はすごい人なので、近所に住んでいる特権を利用して
朝一で行けば人が少なくて、ゆっくり見ることができるかも・・
などと甘いことを考えていました。
開門(9時)前なのに長蛇の列でした。

IMG_8127_2.jpg

IMG_8130.jpg
IMG_8135.jpg

皆さんがお庭の紅葉にみとれている間に、私はとっとと本堂へ・・・
本堂から見る紅葉が美しいことを知っているからです。
(大正解)
まだ人影がまばらな本堂からゆっくり鑑賞できました。

IMG_8136.jpg
IMG_8138.jpg

そしてお庭へ

IMG_8143_2.jpg
IMG_8148.jpg

昔はお庭は無料だったのに・・・・
でも有料になったお陰で、何だか有り難味が増したような・・・

IMG_8155.jpg
IMG_8162_2.jpg

もう少し遅い時期に来てもよかったかなあ。
散り際の妖しいまでの艶やかさ・・・
脊髄で感じるような官能的な美しさまであと少し・・・・
スポンサーサイト
IMG_8100.jpg

さて嵯峨野ウォークに出発。
昔ながらの風景です。

IMG_8097.jpg

こちらは寂庵、瀬戸内寂聴さんのお住まいです。
この日は法話があるとかで、大勢の方がみえていました。

IMG_8101.jpg

化野の念仏寺です。
紅葉がきれいでした。

IMG_8105.jpg

そして、やっと祗王寺。

IMG_8108.jpg
IMG_8112.jpg

昼間はほんとうに美しい自然の中ですが、夜はきっと真っ暗。
祗王、祗女はこんな侘びたところで暮らしていたんですね。
どんな気持ちだったのかしら・・・

IMG_8115.jpg
IMG_8116.jpg

二尊院、落柿舎をへて・・・

IMG_8120.jpg

渡月橋へ。
「小倉山、嵯峨のあたりの秋のころ、峰の紅葉か松風か訪ぬる人の琴の音か・・・」
だったか・・・そんな感じです。
平家物語の小督の局、思い出せない・・・・
(今度、ちゃんと読んでみよう。)

IMG_8122.jpg
IMG_8124.jpg

そして締めは私らしく嵐山の鼓月で一服。
季節のセットは栗まんじゅうとサブレ。
抹茶パフェはおいしかったです。
秋の嵯峨野を満喫しました。
2009.11.21 大覚寺
IMG_8080.jpg

「最近、いつメールしても遊び歩いている。」と友人からのクレームが
入っている私ですが、紅葉と桜の頃は平安時代からのDNAが騒ぎまして、
じっとしてられないのです。
この日は嵯峨野の大覚寺にやってきました。

IMG_8083.jpg

嵯峨天皇が一時住まわれたというお寺はお庭も広々としています。

IMG_8085.jpg

華道、嵯峨御流の発祥の地でもあります。

IMG_8094.jpg
IMG_8090.jpg

お庭も平安時代からこんな感じなのでしょうか?
御所車がぴったり。

IMG_8092.jpg

大沢の池です。
ここに船を浮かべて観月の宴が行われたそうです。
平安セレブは都の四季の美しさを楽しんでいたんですね。


IMG_6228.jpg
紅葉狩りに栂ノ尾にやってきました。

IMG_6226.jpg

まずは茶店で腹ごしらえです。
清滝川のせせらぎを聞きながら湯豆腐と松茸ご飯です。
どんな時でも食べることをおろそかにしないのは
我ながら偉いというか、食い意地がはっているというか・・・

IMG_6229.jpg
IMG_6239.jpg

高山寺です。
恋に疲れた女性が来るところですが、
疲れてませんが、来てしまいました。
静かできれいです。

IMG_6242.jpg
IMG_6244.jpg

槙ノ尾の西明寺です。
小さなお寺ですが、風情があります。

IMG_6252.jpg
IMG_6249.jpg

そして高雄の神護寺です。
年々石段を登るのがきつくなります。
IMG_6247.jpg

もっとも高雄らしい景色です。

IMG_6253.jpg

帰りは日も落ちてライトアップが始まりました。
きれいな紅葉を見て、山の澄んだ空気を吸ったせいか、
すっごく元気になりました。
今日もいい日でした。


2008.11.16 御所一般公開
IMG_6150.jpg
御所の一般公開へ行ってきました。
小学生時代の遠足以来です。
IMG_6151.jpg
今年は源氏物語千年ということで、物語にちなんだディスプレイでした。
こちらは玉蔓に琴を教える光源氏だそうです。
雰囲気がでています。

IMG_6153.jpg
屏風も源氏物語絵巻からです。
花宴、紅葉賀、初音などの名場面です。

IMG_6155.jpg

今度生まれてきたら、五衣(いつつぎぬ)をまとってこんな牛車に乗ってみたい・・・
無理か・・・

IMG_6159.jpg
 紫宸殿です。堂々たる風格です。

IMG_6163.jpg
 
こちらは光源氏のライバル、弘徽殿の女御。
ちょっとイメージと違います。

IMG_6165.jpg

藤壺の御前で絵合せに興じる女官たち。

IMG_6162.jpg

十分、源氏物語の世界を楽しめました。
入場無料とは知りませんでした。
有料にしてチャリティにすれば、随分多くの人を助けることができるのではなあんて
庶民的なことを考えてしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。