FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_3578.jpg

錦で見つけた、この名前。
[酒どろぼう]とあります。
これはちょっと試食してみよう。
IMG_3581.jpg

打田つけものの割干しだいこんのお漬物です。
ほんとお酒のあてにぴったり。
もちろんごはんにも。
IMG_3583.jpg

あっという間になくなってしまいました。
歯ごたえがいいのです。
スポンサーサイト
野呂本店
IMG_3515.jpg

今出川寺町を少し上った(北へ行った)ところに野呂本店が
あります。
なんとも風情のあるたたずまいです。
IMG_3510.jpg

瓢箪形のケースの中においしそうなお漬物が・・・
IMG_3511.jpg

昔の商家らしく坪庭がしつらえてあります。
IMG_3512.jpg

いろいろ試してみたいものがいっぱい。
IMG_3516.jpg

今日はうりとグリーンボールのお漬物にしました。
IMG_3518.jpg

うりはほのかに梅の香りがします。
とてもあっさり漬けてあります。
IMG_3519.jpg

グリーンボールはしっかりかつおのおだしがきいてます。
しゃきしゃきしてサラダみたいです。
おいしい。

「写真を撮ってもいいですか?」とうかがうと、
女将さん曰く、「いやあ、おおきに。近頃の若い人は
上手に宣伝してくれはるから・・
ありがとうございます。」
(若くないんですけど・・・・)
でも、この一言でここのファンになりました。
(4)さくら漬
IMG_3349.jpg

早くも三月後半、もうすぐ桜の季節です。
じっくり冬のお漬物を味わう予定が・・・
時間がたつ速さについていってない感じです。
さて、最近はまっているのが桜漬です。
村上重の桜漬です。
IMG_3353.jpg

なんといっても色がきれい。
薄くて桜の花びらを連想させます。
お味は梅?酸味がきいています。
毎日いただきながら、もうすぐ桜が咲くかなあと思っています。
(3)赤かぶらのあっさり漬
IMG_3260.jpg

赤かぶらのおつけものがおいしい季節です。
いつもは枡梧さんの赤かぶらのお漬物をいただくのですが、
今日は西利さんのあっさり漬を試してみました。
IMG_3261.jpg

さっぱりして、風味が生きています。
軽く漬けてあります。あっさりしてでいいかも。
(2)刻みすぐき
IMG_3131.jpg

すぐきはその昔、上賀茂の社家(上賀茂神社の神官)だけに
栽培を許された、蕪の一種だといいます。
京都の冬の代表的なお漬物です。
しかし、グラム売りされていて、ちょっとお高い。
酸味も私には少しきつく感じます。
IMG_3173.jpg

それでも、やっぱり冬にはすぐきを食べておかないと、
何故か落ち着きません。
そこで、比較的いただきやすい刻みすぐきにしました。
5件お漬物屋さんをはしごして、試食しましたが、
枡梧さんのきざみすぐきが一番口にあいました。
酸味があって、すぐきの独特の風味が生きています。

Suguki is one of Kyoto pickles which is eaten in winter.
It was the vegitable that is allowed to grow for only
people at Kamigamo district in Kyoto.

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。