FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.23 よねむら
IMG_6203.jpg

一週間前、「今日は懐石、明日はフレンチなんていう暮らしがしたいなあ。」などと
つぶやいていたら、今週早くも実現してしまいました。
ドリカムです。
昨夜に引き続き今夜はよねむらへやってきました。

IMG_6199_2.jpg

甘鯛のポアレだったかしら・・・
鯛とエリンギのソテーだったような・・(よく覚えていない。)
花びらのように見えるのは甘鯛のコンフィ仕立て?
パリパリでおいしいです。
ワインはソーテルヌ。
これはご一緒させていただいたK先生のチョイスですが、
おいしい!とっても爽やかな葡萄の風味です。

IMG_6200.jpg

スッポンのコンソメです。
スッポンなんてまったくダメでしたが、
生まれてはじめておいしいと思いました。

IMG_6202_2.jpg

牡蠣フライです。
三重県産と広島産の二種類。
確かに違うのですが、何がどう違うか説明するとなると難しい。
三重県産は旨味があって、広島産はコクがある。(同じことかしら・・・)
両方ともジューシーでとってもおいしいことは確かです。
旨味を閉じ込めてジューシーさを逃がさないのは技ですよね。

IMG_6204_2.jpg

洋梨と平目の生ハム包みです。
前回は無花果バージョンをいただきましたが、洋梨も食感がいいです。

IMG_6205_2.jpg

粟麩のピザ仕立て。
ゴルゴンゾーラ?だったかなあ、栗の渋皮煮のトッピングです。
言われなければ粟麩だとは気づきません。

IMG_6206.jpg

伊勢海老のパスタです。
山葵のドレッシングをかけていただきました。
贅沢な一品です。

IMG_6212.jpg

丹波牛のステーキです。
フィレとロースの二種類いただきました。
柔らかくておいしい・・・(幸せー)

IMG_6217_2.jpg

ズワイガニの飯蒸しです。
蟹味噌がたっぷりです。
贅沢の極みです。

IMG_6220_2.jpg

お口直しのカンパリです。
すっごく美味しかった。

IMG_6222_2.jpg

デザートはほうじ茶のブリュレ、栗のロールケーキ
焼き菓子です。

IMG_6223_2.jpg

オレンジのサブレとブラウニーは商品化していただきたいです。
ヒット間違いなしです。
次回きたらシェフにお願いしてみよう。

お料理はさすが米村シェフ、素晴らしいです。
大満足でした。
それ以上にご一緒させていただいたK先生のお話が楽しくって
久しぶりに大笑いしてしまいました。
最高の夜でした。

ありがとうございます。
スポンサーサイト
IMG_4409.jpg

久しぶりにいつもの仲間が集まることになりました。
メンバーの誰かがが不足すると、皆で集まって充電するのです。
ビストロ スポンタネです。
予約をとるのが大変で、超満員でした。
IMG_4413.jpg

本日の集まりにふさわしい華やかな食卓です。
IMG_4415.jpg

自家製のすね肉のハムです。
IMG_4416.jpg

冬瓜のスープです。
やさしいお味です。
IMG_4417.jpg

土佐鯛の蒸し物、オマール海老のソースでいただきます。
IMG_4418.jpg

和牛のグリルです。
柔らかくてとっても美味しかったです。
京野菜がたっぷりです。
ソースは白味噌とケッパーをあわせたもの。
うーん。これは作ってみようと思います。
IMG_4420.jpg

デザートはミントのジュレ、栗のケーキ、林檎のソルベです。
おいしかったです。
IMG_4414.jpg

お料理にも心温まる集まりにも癒されました。
今はそれぞれ違うステージで頑張っているみんなですが、
誰かに何かあればすぐに集まってくださいます。
有難いです。


その夜の友人とのメール。
「私たちはなんだかんだ言っても、人に恵まれていて
つつまれていて幸せですね。」
「そう思います!」
「お金より、才能より、人に恵まれるのが一番幸せだと思う。」
「そうだ!!そうだ!!」
2007.11.20 極上の京都
今夜は東京と横浜からレッスンに参加してくださったゲストと
高台寺のライトアップを見にいきました。
お庭の池に映ったライトアップされた紅葉がそれは幻想的で
美しかったです。写真を何度か試みましたが、ついにきれいに
撮れなかったです。皆様是非、肉眼でどうぞ。

IMG_4431.jpg

古都の紅葉を堪能したあとは、ご要望により祗園おくむらへご案内しました。
今夜はカウンターです。満席です。

IMG_4432.jpg

まずは人参のムース、コンソメジュレとキャビアが添えてあります。
ムースが人参のやさしい甘さです。
IMG_4435.jpg

いちじくとオマール海老です。
いちじくがとろとろで甘いです。
オマール海老の旨味がマッチしています。
IMG_4436.jpg

ずわい蟹のフランです。
蟹みそのスープが濃厚です。
IMG_4449.jpg

鮑、烏賊、松茸の石焼です。
松茸が香ばしい!
鮑がキュッと焼けておいしーい。
(十分幸せです。)
IMG_4450.jpg

のどぐろと九条葱のポシェです。
レモンバターのソースが品がよいのです。
控えめでそれでいてお魚の旨味を引き立てています。
IMG_4455.jpg

鱧、松茸、蓮根まんじゅうのお椀です。
フレンチレストランであることを忘れてしまいます。
IMG_4463.jpg

代白柿とヨーグルトのソルベです。
ソルベがおいしいです。これはマイメニューにしたいです。
IMG_4465.jpg

器もお洒落です。
IMG_4466.jpg

メインは和牛のヒレステーキ。
朱の器が華やかで美しい。
お肉が柔らかくて、あー幸せ。
IMG_4468.jpg

デザートはこの中から数種類選べます。
IMG_4471.jpg

抹茶のムース。バナナのタルト、マロンケーキ、バナナとキャラメルの
アイスクリームです。

食材のコンビネーションの斬新さ、
繊細で大胆なお料理の数々。
盛り付けの美しさ、器の面白さ。

コースは静かに始まり、次第に引き込まれ、
インパクトが強くなり、余韻を残す。
交響曲のような組み立てです。
極上の夜になりました。

素敵な夜を過ごさせていただいたゲストの皆様に感謝です。
IMG_3837.jpg

心を入れ替えて?食べ歩くことにしてから
ランチのお誘いをいただくことが多くなりました。
今日は烏丸六角を少し東に入ったところにある
オステリア・バスティーユです。
IMG_3839.jpg

店内はパリのビストロ風です。
シテ島で入ったビストロに似ています。
IMG_3841.jpg

キノコの冷たいスープです。
生ハムが入っていて、塩味が効いています。
IMG_3842.jpg

パンはフォカッチャ風です。ふんわり焼けてます。
IMG_3843.jpg

メインプレートはポークソテーのトマトソース。
ハーブ焼きにしたポークにトマトのソースが合ってます。
お味は濃い目ですが、おいしい。パリ風です。
お肉の下はケッパーのソースをからめたペンネ。
おいしくて、いただきやすいです。
IMG_3844.jpg

IMG_3845.jpg

予約をしていなくて、一時間ほど待ったのですが、
人気の秘密はお味とお店の雰囲気、それと細やかな
お店の方の対応でしょうか・・
これは大きいと思いました。
ご馳走さまです。
IMG_2017.jpg

もう何年も通っている大切なお店が山科の小山にあります。
大切な友人とランチです。
IMG_2018.jpg

IMG_2019.jpg

ピンクが基調の優しいインテリアが大好きです。
IMG_2020.jpg

スモークサーモンのサラダ。
IMG_2021.jpg

鴨のテリーヌ。
いずれも地元のお野菜がふんだんに使われています。
IMG_2023.jpg

牛肉のオレンジソース煮込み。
一口いただきました。フォンドボーとオレンジのソースはこくがあって
さっぱりしていてお肉が柔らかでおいしい!
IMG_2024.jpg

牛フィレのステーキです。
黒胡椒がしっかりきいていて、焼き加減が最高!
これも柔らかで幸せです。
IMG_2025.jpg

そしてパティシエが作っておられるデザート。
洋なしのタルト、ヨーグルトケーキ、チーズケーキ
キュウイ、山形から届いたという佐藤錦。
そしてお庭にできた山椒を使ったアイスクリーム。
山椒の香りとあとからピリリとくる刺激。
絶品です。

美味しいお料理といつも変わらないマダムの満面の笑顔と心使い、
温かさ。人生っていいなあと思えるお店です。

京都でのおもてなし和食料理教室
京都料理教室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。